壇れいさん新CM

壇れいさんがサントリーの金麦のCMに出演されてますよね。
見られました?
すっごくかわいいです。

武士の一分では着物でしたが、それとはまたちがった
壇れいさんを見ることができます。

しかもしばらくは毎日見れますね。
壇れいさんの奥様姿すごくいいです!
早速今日、金麦買ってきて飲みました。

サントリーのページによると、壇れさんを起用したのは
壇れいさんの純真無垢な美しさとフレッシュなキャラクターと健気な女性というイメージが
商品の世界観とコンセプトにふさわしいということからだそうです。

あのCMの衣裳(半袖の白いシャツブラウスとオレンジのスカートにエプロン)は
古典的ながらも清楚で明るい妻をイメージしているそうですよ。

すごくキレイですよね。撮影現場にいたスタッフも釘付けだったとか。

釣りバカ日誌18のマドンナ役で出演

壇れいさんが夏に公開予定の「釣りバカ日誌18」のマドンナ役で
出演されます。

釣りバカ日誌というと、ハマちゃんこと浜崎伝助(西田敏行)と
スーさんこと鈴木一之助(三國連太郎)の奇妙な二人の仲を描く
人気の映画ですよね。

男はつらいよの製作が不可能となってからは松竹の看板映画と
なってます。

今回で20作目となる釣りバカ日誌18のロケ地は岡山県です。
壇れいさんの役は、岡山県の小さなお寺の一人娘で、保育士の役だ
そうです。

美しい瀬戸内海の景観を守るため、開発反対を唱える地元の女性を
演じます。
また、壇れいさんの幼なじみの恋人役には高嶋政伸さん、母親役には星由里
子さんが演じられます。

私も結構昔からこの釣りバカ日誌シリーズは観ています。
映画館で観たことはありませんが、テレビで放送しているときには
結構みてます。
マドンナ役の女優もこの映画の見所の一つなんですよね。
壇れいさんの演技にも注目したいところです。

壇れいさん新人賞獲得です!

壇れいさんが、第49回ブルーリボン賞新人賞を獲得されました!
もちろん「武士の一分」の映画です。
おめでとうございます!

ブルーリボン賞をもらう少し前には、
2006年度「キネマ旬報」新人女優賞を、
そして
2006年毎日映画コンクール スポニチグランプリ新人賞も獲得してます。
こちらもおめでとうございます!

これからも、壇れいさんの活躍に期待しましょう。
このブログでも応援していきたいと思います!


壇れいさんの雑誌掲載最新情報です。
壇れいさんのファンの方、是非みてください〜

「STORY」の3月号、2月1日発売です。
「25ans」の3月号、2月1日発売です。
「美人百花」の3月号、2月10日発売です。
「Oggi」の4月号、2月28日発売です。
「婦人画報」の4月号、3月7日発売です。

あと、
「my PRECIA」というプリンセスホテル客室マガジンに
4月末から6月末まで掲載されるみたいです。
プリンスホテルに泊まるご予定の方は観てみてくださいね。

壇れいさんトークショー

1月5日に大阪の高島屋で山田洋次監督とトークショーに出演しました。
みなさん行かれましたか?

「監督45周年 松竹株式会社110周年記念展<時代とともに 山田洋次の原風景>」
開場:高島屋大阪店 7階グランドホール内特設会場
日時:2007年1月5日(金)11:00a.m.〜

私もいけませんでした。


でも、安心してください!
また2月に今度は京都で壇れいさんのトークショーがあります!

開場:高島屋京都店 7階グランドホール
日時:2007年2月1日(木)14:00より

関西にお住みの方で、大阪でのトークショーに行けなかった方は是非、
京都にお出かけください!

武士の一分みましたか?

武士の一分観られましたか?
藤沢周平氏の時代劇「盲目剣谺(こだま)返し」が原作で
山田洋次監督の藤沢周平時代劇映画化三部作の最後を飾るヒューマンドラマです。
上映時間121分
主演および出演は木村拓哉、壇れい、笹野高史、小林稔侍など

武士の一分とは、侍が命をかけて守らなければならない名誉や面目の意味で
のタイトルが指し示す人間ドラマは、観るものの心を揺さぶる感動巨編とあります。
壇れいとの古風で素敵な真の夫婦愛がメインとなっている作品でした。

木村拓哉演ずる海坂藩の下級武士・三村新之丞の武士の一分とは・・・
これは映画を観てもらえればわかります。
ただ、この映画はカップルで行くと楽しめないかも、、、
純愛なのですが少し重い内容です。
胸が苦しくなるかもしれません。

壇れいさんは映画も時代劇も初演なのにすごい存在感です。
見事です。

アカデミー賞の主演男優賞にノミネートされな

がら辞退したのは残念ですね。いくら事務所の方針とはいえ。。。

壇れいさん出演

オーラの泉みましたか?
元宝塚トップの壇れいさんが出てました。
壇れいさんの守護霊は巫女さんらしいです。
それと壇さんは
お香のにおいが大好きみたいですよ。

たった3ヶ月のレッスンで宝塚を受験し、見事合格したんですって。
でも普通何年もレッスンを受けてもなかなか通らないって聞いてます。
やっぱり顔?って思ってしまいますよね。
だって、すぐに娘役のトップに抜擢されましたし。
やっぱり顔?

いじめられたり嫌な思いもしたでしょうね。
美輪さんが「人は自分を守ろうとすると弱くなる。嘘で固めようと自分の身ばっか
り守ろうとする」と言ってました。
そして江原さんが「人は守ろうとするものがあれば強くなれる」と。
そうですよね。

壇れいさんについて

壇れいさんってすごくかわいいですよね。
壇れいさんの画像を探してみましたがなかなかいいのありませんね。

壇れいプロフィール
壇 れい(生年月日:1971年8月4日)
年齢:35歳
身長:162cm
本名:山崎まゆみ
元宝塚歌劇団月組、星組娘役トップスターでした。
現在は女優です。
京都府中郡(現在の京丹後市)出身。

ちなみに、壇ふみさんとは全く関係ありません。
最近は武士の一分で映画デビューしました。


宝塚時代
1992年に宝塚歌劇団に入団し、『この恋は雲の涯まで』で初舞台しました。
最初から美貌は際だっていたそうですが、試験の成績が悪いため、いい役をもらえなかった
みたいです。
月組で、真琴つばさの相手役として大抜擢を受けたことで、娘役のトップスターになりました。
2005年8月の『長崎しぐれ坂/ソウル・オブ・シバ!!』東京公演千秋楽をもって退団しました。